new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

TK ランホルダー ピノ・ノワール 2019

残り1点

¥4,345 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

■味わい チェリーやスパイス等、セーヴォリーで複雑なアロマが開きます。ベルベッティな口当たりで、鮮やか且つ深く複雑な果実味と、細やかなタンニン。長い余韻の深みのある味わいです。 ■店主からのコメント ニュージーランド屈指の銘醸地であるマーティンボロ―で最大規模のワイナリー。リッチでセーヴォリー、濃厚な黒果実、ハーバル且つ細やかなタンニン、昔現地でも買った事があるぐらい個人的にはお気に入りのワインです。 ■タイプ/赤ワイン・辛口 ■ブドウ品種/ピノ・ノワール100% ■生産国・地域/ニュージーランド・ノース・アイランド         ワイララパ/マーティンボロ―G.I. ■生産者/テ・カイランガ ■容量/750ml ■アルコール度数/13.5% ■スクリューキャップ ■栽培・醸造 栽培はサステナブル農法。7~10日間のコールドソーク後、ステンレスタンクにて発酵(一部全房発酵)。その後、フレンチオーク樽(225L/新樽比率20%)で10ヶ月熟成。 ■テ・カイランガについて テ・カイランガはニュージーランド屈指の銘醸地、マーティンボローの地に1984年に設立しました。30軒ほどの小規模ブティックワイナリーが立ち並ぶマーティンボローにおいて、105ヘクタールにも及ぶ自社畑は地域最大級で、マーティンボロー最大のワイナリーでもあります。このため高値のワインが多いマーティンボロー地区であっても、広大なブドウ畑の存在により、他にはマネのできない、高いコストパフォーマンスと優れたワインを生み出すことが可能となっています。 この恵まれた環境で育つブドウを厳選し、ワイン造りを行うのが醸造家のジョン・カヴァナ氏です。ブドウ栽培とワイン醸造学で有名な豪州、リンカーン大学でブドウ栽培学・ワイン醸造学の二つの修士号を取得したワイン造りのスペシャリストで、マーティンボローのピノ・ノワールに魅了され、この地でワイン造りを行います。ブドウ本来の力、テロワールを第一に考えワイン造りを行う実力派で、テロワールの魅力を引き出すべく、丁寧な栽培と醸造、そして巧の技術と経験がこのコスパに優れた高評価ワインの原動力となっています。

セール中のアイテム